1. HOME
  2. 特集
  3. ネットサーフィンをより快適に!!おススメ検索オプション!!!

SPECIAL

特集

ネットサーフィンをより快適に!!おススメ検索オプション!!!

  • 皆さんお久しぶりです!ホーリーです!!

突然ですが皆さん、google検索を使うときはどのように検索しますか?

多くの方は「龍谷大学 フレデリック」といった感じで、スペースなどを用いて検索すると思います。(龍谷祭ゲスト演奏の露骨なステマ)

しかし!!google検索には知っておくと便利な「検索オプション」なるものが実は多く存在します!!

そこで、今回は皆さんの検索ライフ(?)の質を高めてくれる検索オプションをいくつか紹介していきます!!
※ほかの検索エンジンにも存在しますが今回はgoogle検索のものをご紹介します。


①サイト内の検索

「世の中のサイトには二種類ある…検索フォームのあるサイトと無いサイトだ…」
…というわけで検索フォームのないサイトに出くわしてしまった人のためにサイト内検索を行いたい場合の検索オプションがあります。
使い方は簡単!!
site:emics.rikou.ryukoku.ac.jp 検索オプション
といったように文頭にsite:というコマンドを置き、サイトのアドレス、サイトで調べたい単語を置くだけ!!
これだけでサイト内の調べ物がはかどっちゃいます!!

②関連サイト検索

  • あるサイトと似ているサイトを調べたいときはこれ!!「関連サイト検索」!!
    related:emics.rikou.ryukoku.ac.jp
    といった風に文頭にrelated:、あとはURLを置くだけで簡単に調べられます!!
    「このサイトと似たようなサイトがないかな…」
    など、気になったときはこの検索オプションを使ってネットサーフィンをしてみるのもいいかもしれませんね…!

③類義語、同義語を含めた検索

「単語のニュアンスはわかるけど正確な意味は分からない…」
そんなときもご安心!!
“龍谷大学” ~理工学部
といったように検索したい単語をダブルクォーテーションで囲み、~の後に同じようなニュアンスの単語を置くだけで自動的に~後の単語の類義語を含む検索をしてくれます!!
専門用語がゴリゴリ出てくる論文の検索などにぜひ!!

④わからない部分のある単語を用いた検索

「あれ…あの人気キャラクターの名前なんだっけ…確かミッ〇ー〇〇スなんだけど…」
といったように調べたいものの名前があやふやという経験は誰もがしたはず!
そこであやふやな部分を
ミッ*-**ス
といったように*(アスタリスク)で埋めてあげるとあら不思議!!あなたの想像していたあのキャラクターやあの本などが自動で検索されます!!
僕のような忘れん坊な人にはぜひ!!


今回は僕がぱっと見で気になった検索オプションのみを紹介しましたが、このほかにも様々な検索オプションがあります。
検索オプションの情報は様々なサイトに乗っているので、興味のある人は調べてみるとネットサーフィンの幅が広がるかもしれません…!

以上、ホーリーでした!!!(。-`ω-)ノシ