1. HOME
  2. 特集
  3. 【勉強だけじゃない】 今,なにをすべきか。 【#3 一般入試直前・当日編】

SPECIAL

特集

【勉強だけじゃない】 今,なにをすべきか。 【#3 一般入試直前・当日編】

後期のテストオワッター!

ちょうど火曜日に,私が履修している科目の全定期試験が終わったので,言葉にしがたい解放感に浸っているわっきーです。どうも。

解放感……でもこれは『大学生』のお話。
今の時期『高校生3年生』の方は入試直前(もしくは真っ只中)で,いまいち落ち着かない気分であるかと存じます。
(まあ,2/1の今日は龍谷大学 一般入試 A日程の受験日でしたので,これで受験を終えた方もおられるかとは思いますが)

本日はそのような入試を控えた高校3年生向けに記事を書こうと思います。
内容は「入試直前・当日は何をすればいいの!?!?」ということについてです。

 


 

 

昨年の11月に投稿した記事では,公募推薦入試の特集として「入試方式」と「合格発表日までの勉強」についてご紹介しました。
詳しくは以下のURLを参照してください。

【入試間近!】 理工学部の龍谷大学公募推薦入試 【#1 受験方式編】

【なにをすれば……】 理工学部の龍谷大学公募推薦入試 【#2 受験後編】

 

さて,2019年の龍谷大学 理工学部の一般入試は残すところB日程: 2/12, 2/13C日程: 3/7ですね(A日程は先程述べたとおり,2/1で終了しております)
一番近いものでB日程ですから,本日から入試まであと10日……といったところでしょうか。

さあこの限られた時間で何をすべきか。悩みませんか??
実際に私は2月上旬に受験を控えている方を多く見ているので,上記の悩みはよく耳にします。

※今からご紹介するアドバイスはあくまで主観的なもの,つまり私の個人的な意見であることを予めご了承ください。

 

「これから新しいことをする」のか「今まで習ったことをする」のか。

入試直前における最適な勉強法に関してはケースバイケースであるため,普遍的かつ具体的な解答は少ないと考えております。
そのなかで私は,「受験直前・当日には『復習』こそが役に立つ」という立場をとります。

英語を例にとると,直前に新しい過去問題に取り組む時間よりも文法事項やイディオム,単語などを見直しておくほうがよい……といったことです。
この主張の根拠としては「忘却曲線」を挙げます。

忘却曲線については聞いたことがある方もおられるかと思いますが,かんたんに説明しておきます。
忘却曲線は人間の中・長期記憶における,横軸を時間,縦軸を記憶量としたときに現れる曲線のことを指します。
参考程度にWikipediaを見てみると,最初に勉強したときは時間が経つにつれてすぐに忘れますが,複数回目に勉強した際には曲線が「忘れにくいような形」になります。
また,時間が経つにつれて縦軸の値が減少していきますので,「直前のことはよく覚えている」……ということも理解できます(まあ当たり前ですね!)

 

上記の「複数回目には忘れにくくなる」,そして「直前のことはよく覚えている」ということこそが,復習が必要と主張する根拠です。

※繰り返しになってしまいますが,これについては個人差があると思いますので「絶対そうすればいい」ということにまでは飛躍できません。ですので,参考にできるところだけ参考にしていただければと思います。

 

当日は最高のコンディションで!

今からここでご紹介するアドバイスは,すでによく知られていることであると思います。
それでも,私はやはり重要であると思いますので断言します。

 

「睡眠時間だけはしっかり確保しておこう!!」

 

……当然といえば当然ですね。
ですが入試直前になると心が不安に支配され,「勉強しなきゃ!」という気持ちに駆られるということはよくあると思います。
それでもやはり睡眠時間は犠牲にするべきではないでしょう。

試験当日は朝から夕方まで行われ,人によっては連日受験することもあるでしょう。
そのようなときに,睡眠不足でパフォーマンスに影響があれば……
あまり想像したくありませんね。

入試は長期的な努力や直前の努力が合否の評価基準になるのではなく,「入試当日に基準値以上の点数をとれるか」が合否に直結します。
もちろん「努力」の程度は,結果に間接的に反映されるとは思いますが。

 

忘却曲線の話でお伝えしたとおり,前日(直前)に勉強することも重要ですが,やはり睡眠時間は欠くべきでないでしょう。

あとはコンディションに関するアドバイスとして,「本番にできるだけ緊張しないこと」が挙げられます。
適度な緊張感であればともかく,緊張しすぎては最高のパフォーマンスを出せませんからね!

 


 

以上が私の考える,入試直前・当日にすべきことのアドバイスです。
抽象的ではありましたが,受験生にはぜひ心に留めていただきたい内容であります。

あとは自分を信じて,悔いのないように取り組んでください<(`・ω・´)!!