1. HOME
  2. 特集
  3. 独占取材!? スペシャルサイト制作の裏側を突撃取材!! 【サイト制作会社側(前編)】

SPECIAL

特集

独占取材!? スペシャルサイト制作の裏側を突撃取材!! 【サイト制作会社側(前編)】

撃!スペシャルサイトの中の人!!

皆さんこんにちは!ホーリーです!!

皆さんはもう先端理工学部のティザーサイトスペシャルサイトはご覧になりましたか?
先端理工学部のティザーサイトやスペシャルサイトには,皆さんが興味を持ってくださるように様々な仕掛けが施されています。
かっこいい動画が掲載されていると思えば,ここ理工学部の教員の意外なプロフィールまで書き込まれていたり…
まだ見てないという方は受験生はもちろん,在学生でも一見の価値ありです!!

▼画像をクリックすると,先端理工学部のスペシャルサイトにとびます

ところで皆さん,そのようなすごいサイトを立ち上げた人がどのような人なのか気になりませんか…?

というわけで今回はそんないわゆる「中の人」に突撃インタビューをしてまいりました!

前回までのあらすじっ!

 

前回は「仕事を頼む企業」ということで「龍谷大学」に着目した記事をお届けしました。

▲前回の記事はこちらから!▼

前回の記事でもご説明した通り,大規模なプロジェクトを進める時,ものによっては「仕事を頼む企業」「仕事を頼まれる企業」に分かれ,分業を図ります。
今回取材した企業さんは「仕事を頼まれる」側の企業ということになります。

今回はそんな「スペシャルサイトの中の人」である,「株式会社 NEU」さんに先端理工学部スペシャルサイト制作の裏側について伺いました!

また,今回の取材ではデザイナーである吉田さんプログラマーである木村さんディレクターである佐々木さんにお話を伺いました!

さらに何と以前お話いただいた関本さんにもお越しいただいての取材となりました!(豪華メンバーです…!!)

なお,取材内容がとても濃ゆ~いものになったため,前・後編に分けて今回の記事はお送りします!

それではさっそく…

 

レッツらゴ~!!

日進月歩!!「中の人」の実態に迫る!

 

 

▼今回取材にお答えくださったNEUの皆さん。
左から順に,木村さん,吉田さん,佐々木さん。

 

 

WEB制作のお仕事とは!

ーお忙しい中取材にお答えいただき,ありがとうございます。
私たちは学生広報団体のEMICs,というものです。
本日はよろしくお願いします!

吉田さん,木村さん,佐々木さん(以下敬称略):よろしくお願いします!

 


 

 

▼プログラマーの木村さん。仕事の時のキーワードは「とにかく早く!」だそう…!?

 

 

ーでは最初に具体的なお仕事の内容,役割についてお伺いしたいと思います。
まずはプログラマーの木村さんからよろしくお願いします。

木村:プログラマーはその名前の通り基本的にはウェブサイトのシステムの部分を担当します。
今回ではコンテンツ管理システムやお問い合わせ方法の欄の細かい部分,あとはサーバーの設定などを行ったりしています。
プログラム言語はPHPを使っています。学生さんもPHPは使われるのでしょうか。

 

ー最近では私たちの場合,C言語やJavaなどを使うことが多いでしょうか…
ありがとうございます。次はデザイナーの吉田さん,お仕事の内容をお伺いしてもよろしいでしょうか。

吉田:デザイナーはディレクターさんの構成をもとに手を加えつつデザインをしていきます
場合によってはイラストを担当したりする場合もあります
NEUの場合,コーディングはフロントさんがすることが多いのですが,デザイナーがコーディングしたりすることもあります。ちなみにフロントエンジニアも名前が吉田で少しややこしいんですよね(笑)

※フロントエンジニア。サイトの動きなどのコードを担当する。

 

ーそれはまた混乱しちゃいそうですね…(笑)

佐々木:ちなみに,デザイナーさんの中でもデザインに特化した人やフロントの業務もできる人など様々な人がいるので,比較的小さい案件であれば一人でこなしてしまうことなどもあります。

 

ーそうなんですね。失礼ながら,デザイナーさんというと,やはり「イラストやデザインをする!」といったイメージがあると思い込みがちですが,そういうわけでもないのですね…

吉田:イラストが描けるデザイナーさんのほうが少ないかもしれないですね。

 

ーなるほど…ちなみに,イラストはAdobeさんのソフトを使ったりはされるのですか?

吉田:今回イラストを担当した宮崎はイラストレーターを使っています。
ただ,私の場合はアナログ派で,イラストをアナログで書いてスキャンしたりなどをしています。
フォトショップで描く方もいますよ。

※イラストレーター 主にデザインを作成するためのソフト。図形や絵を描くなどの機能がある。

 

ー「イラストを描く時はこのソフト!」と決まっているわけではないのですね。
ありがとうございます。最後に,ディレクターの佐々木さんにお仕事をお伺いさせていただきます。

佐々木:「ディレクター」と一言にいっても範囲は広く,NEUのディレクターはプロジェクトの管理,スケジュールの調整や予算の管理,先ほどもお話しさせていただいた通り構成の設計なども行います。
あとは今回だと取材やカメラマンさんの調整などもディレクターが行いますね。
企画提案・プランニングなどの営業的な役割についてはプランナーにお願いすることもあります。

 

ーとても幅広く活動されているんですね。聞くだけでお忙しそうな雰囲気が伝わってきます…!
今回外部(龍谷大学)とやり取りをされるということで,そういった仕事はやはり佐々木さんがされているのでしょうか。

佐々木:そうですね,お客様とのやり取りはディレクターが中心となります。
お客様と会議をする際,議題によって同席するメンバーが替わりますが,どんな場合でも私は基本的にいます。

 


 

 

▼デザイナーの吉田さん。音楽を聴くことが趣味で、幅広いジャンルの曲を聴くそうです!

 

 

ーサイトを拝見させていただきましたが,とてもポップで見ていて楽しいサイトでした。
そこで,そのようなWebサイトを作る時のやりがいについてお伺いしてもよろしいでしょうか。
まずはプログラマーの木村さんからお願いします。

木村:今回プロジェクトの序盤から参加していたのですが,やはりお客さんと話してから実際にシステムを構築していく時が一番やりがいを感じる時だと思います。
構成が決まってから,お客さんの意見を聞く時間を多くとれるように,短い期間でできる限り早くシステムを作るように心がけています。

 

ーできるだけお客さんと話をしてクオリティの高い作品を作れるように,バーーーっとコーディングをしちゃうわけですね。私たちも情報系の学生なので憧れちゃいます(笑)
では次にデザイナーさんのやりがいをお願いします。

吉田:やはり読んで字のごとくデザインをすることがやりがいですかね(笑)
今回はイラストをほかのデザイナーに担当してもらっていたのですが,とても自由な感性の持ち主で,それをどうやって「アカデミック」な雰囲気の中に落とし込むか考えるといったところが今回は個人的にはやりがいを感じました。

 

ーサイトでも「アカデミック」と「ポップ」が融合した独特の雰囲気が特徴的ですよね。
それでは,ディレクターさんのやりがいについてお願いします。

佐々木:私は初期のサイトの構成を行っていくところかな,と思います。
プロジェクトが進むと,プログラムはプログラマーに,デザインはデザイナーにとそれぞれの役職のところへ割り振っていくのですが,その前段階であるお客様とのお話などはやはりディレクターがするものなので,頭をフル回転させていかにいいものを作るかを考えるということがやりがいですかね。
お客さんが望んでいるもの=ユーザーさんが使いやすいものではないケースなども存在するので,お客さんの要望を聞きつつ,ユーザーさんが使いやすいちょうどいいところへとすり合わせていくのもやりがいだと感じます。

 

ー自動車でいうハンドルのような役割なんですね。どう方針を向けていくかという…

佐々木:まさにそのような感じですね。

 

三名に聞いた!ズバリこの会社の「魅力」とは?

 

 

▼ディレクターの佐々木さん。これまでも様々なプロジェクトを指揮してきた敏腕ディレクターさん!

 

 

ーでは今度は「ご自身の思うNEUの魅力」について役職ごとにお話を伺ってもよろしいでしょうか。
まず,プログラマーさんの木村さんからお願いします。

木村:「チームワークの良さ」だと思います。
締め切りが近いなどといったときにそれぞれ自分から「何かないですか?」などと声を掛け合ったりするチームワークの良さがあるのではないかと思います。

 

ーなるほど…
次はデザイナーの吉田さん,お願いします。

吉田:お客さんと直接やり取りする案件が多く,生の声を聴きながらデザインや構成などに反映していけることがいいところだと思います。それと,結構偏りなく様々なサイトのデザインをさせていただけるので,自分のデザインの幅も広めていける場所だと感じています。

 

ーありがとうございます。
それでは,ディレクターの佐々木さん,お願いします。

佐々木:「こだわりの強さ」だと思います。
うちのホームページのコンセプトにもあるのですが,「しっかりこだわり、しっかり結果を出す」というのを掲げていて,社内の取り組みなどでもこだわっており,お客様に毎回暑中見舞いなどを出すのですがそれ専用の特設サイトなどを作ったりもしています。
その時期になってくると社員もみんな忙しくて「誰がやる?」と最初は引け腰気味なのですが,いざやろうと動き出すと引け腰から逆転して「どこまでこだわれるか,もっとこうしたほうがいいんじゃないか」という雰囲気になっていくので,やはりみんな一人ひとりいいものを作ろうという思いが強いところがいいのかな,と思います。

 

ーやはりみんなで一つになって頑張るという「団結力」が魅力ということなのですね…

 

関本さん(以下関本)NEUさんの場合はほとんどの作業をほかの会社とは違ってNEUさん自身で行っておられるで,そこも強みかもしれません。
企業からしてもマネジメント的な意味で依頼をしやすいですからね。

 

ー確かに一つの会社でほとんどの作業をしているとタスクの管理などがしやすいですよね。

 

あとがき

今回は「前編」ということで,まだまだ取材は続くのですが,一度これまでとさせていただきます!

次回では「スペシャルサイト出生の秘密」ということで,このスペシャルサイトが誕生した経緯へとお話は進んでいきます…

前編の時点でもかなり中身の濃いお話を伺わせていただくことができましたが,後編のお話もさらに濃いものとなっていますので,皆さんぜひ,次回をお楽しみに!!

 

以上,ホーリーでした!!( *´ω`)ノシ

 


 

▼ティザーサイトはこちらから!
https://www.rikou.ryukoku.ac.jp/advanced/

 

 

▼スペシャルサイトはこちらから!
https://sentan.rikou.ryukoku.ac.jp/